キャリコ琉金”キャリオ”との別れ…。

先週、キャリコ琉金 雄 4才の

”キャリオ”

を里子に出しました。

9/17 キャリコ琉金

実はこの仔かなりの問題児。

前々から同居する琉金達を

追尾していました。

でも相手は雄…。

以前は追尾しても

まぁ大丈夫だろうぐらいでしたが

最近は何かに取りつかれたかのように

同居する雄を休みなくに追尾。

それがハンパじゃない…。

全長18cmと他の仔より大きくて力も強い。

追われた仔はキャリオのなすがままに…。

追尾された更紗琉金 雄 4才”桃太”。

ひれ切れ1

ひれ切れ2

尾びれがボロボロな状態で

悲惨な事に。

もう一匹、同居していた

更紗琉金の”金太”は

赤斑病治療の為別水槽に。

もしかしたら追尾されたストレスで

赤斑病になってしまったのかな…!?

2匹いれば交互に追尾している状態でしたが

”桃太”1匹になってしまった為に

集中追尾を受けこんな事に…。

このままでは”桃太”の身が危なし

今後、金太や新入りが入って来た時に

追尾されては困ると考えた末

キャリオを里子に出す事に決めました。

でもこのような仔を引き取ってくれる

ところはあるのだろうか…。

迷っていても仕方が無いので

まずは懐古堂さんに相談。

「実は引き取って頂きたい仔がおりまして…。」

と事情を話すと

「いいですよ!連れて来て下さい」

とおっしゃって頂けたので

早速、発砲スチロールに飼育水を注ぎ

キャリオを入れ懐古堂さんへ向かいました。

車で20分程で到着。

早速、懐古堂さんにお見せすると

「柄と尾びれが綺麗だね!」

と褒めて頂きました。

もし受け入れを断られたら

どうしようと

内心ヒヤヒヤ

しておりました。

キャリオを掴んで一通り状態を見て

発砲スチロールに入れてきた飼育水と

大きめの琉金達が泳ぐ

大きなFRP水槽の水温を指で確かめた

次の瞬間、そのFRP水槽へ

キャリオを放たれました。

私は

「えっ!」

と内心驚きました。

だって水合わせやトリメンとせず

そのまま水槽にドボン!

やっぱりプロは分かるんですね!

金魚の状態でそのままでも投入しても

大丈夫だという事が!?

という事は私が持ってきた金魚が

信用されたという事!?

何だかプロに認められたみたいで嬉しかったです。

その反面、1年近く一緒にいた

”キャリオ”と別れるのは寂しいですが

死に別れではないのでこれで良かったのかな…。

大きな水槽で伸び伸びと泳ぎ回れるし

懐古堂さんでしたら安心して見て頂けると思います。

そして新たな飼い主さんが見つかって

そこで可愛がって頂ければ幸いです。

”キャリオ”へ

こんな形で別れるのは辛いけど今までありがとう。

幸せに暮らすんだよ!

そして長生きしてね。


興味のある方は懐古堂さんに

行けば会えると思います。

売れていなければの話ですけど…。



宜しければ”ポチッ”とお願いします。




スポンサーサイト

テーマ : 金魚
ジャンル : ペット

プロフィール

KICK TOM

Author:KICK TOM
今は亡きアメリカ海軍艦上戦闘機F-14TOMCATのパッチ(ワッペン)収集オタクですが、金魚飼育、アクアリウムにも興味を持ち始め色々やっています。

鯉と金魚にエサをあげられます。

クリックでエサをあげられます

アクセス数
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
【F-14TOMCAT関連商品】
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
QRコード
QRコード